2005年01月19日

ヤフオクで売られている情報を見て思ったこと+本日のお説教

情報を販売したことがある人/している人なら誰でも「なんで売れないんだろう?」と悩んだことがあると思います。今日はこんなことを思ったことがある人に向けてヒントを。僕の体験からお話をしたいと思います。

ズル賢い方法で販売せず、全うに自分のオリジナルな情報を売ろうとしている人へのヒントですよ?

ちなみに余談でが、情報販売しようと思っている人。何かうまいと思った商法を考え付いても法律に抵触しそうだったらいくらいいアイデアを考え付いても絶対やっちゃいけませんよ!!!><

跳ね返ってくるのは自分ですし、結局情報起業で最高の状態は自分の名前で売れるようになる状態=自分ブランドが確立された状態なんですから。信用を勝ち取るにはやはり全うにやるのが一番だと思います。時にはパワープレイも必要だとは思いますが…。

本日ある方からヤフオクで落札された某情報を見せていただいたのですが、とんだ転売につぐ転売情報で「うわぁ」と…。自分自身ではヤフオク内で情報を買ったことがないので質の低さにびっくりしました。

 ヤフオクは「情報カテゴリ」ができてしばらくの間はおいしい思いをした人がいたようですが、先日も各新聞やニュースで報道されたとおり、最近のヤフオクは詐欺やトラブルなど悪い面が強調されがちでユーザーも警戒しがちです。そのうちヤフオク内で売られる情報も、段々と(もうすでに、な色が強いですが)信用されなくなり、見向きもされなくなる日が近いのではないかと予想しています。

そうは言いつつヤフオクを「ツール」の一つとして活用するのはアリだと思うんですよ。

うまい使い方されている人もいます。中にはははぁん、となるような策士もいたりますがが、上で書いたとおりどこぞで仕入れた情報を横流しするだけで「おこぼれ」を頂戴している輩もいるのが事実です。だからヤフオクだけで「まともな」情報起業をしようと思うならば、そういう人たちにまぎれて差別化を図るのはなかなか難しいと思うのです。

前置きが長すぎですね。笑
ちょっとうさんくさいこと(?)をお話します。笑

でも、結構この作業って大事だと思うんですよ。やっている方には当たり前だと思うんですけどね。

っと、唐突に質問をします。


あなたは自分の商品と共に、「これで俺は一旗あげるぞ!」と自信を持って突き進めていますか?

自分の進み方に自信はありますか?

「これでいけるはずだ!」と思いながらも何度も苦戦して、悩んでいる人が多くいると思います。

「絶対自信あるのになー」

と、その前にその自信の根拠はどこからくるものなのでしょうか?

ちょっとこんなこと考えてみてはいかがでしょうか?

自分の商品はもちろんのこと、情報起業家としての強みはなんなのか。
そして、あなたの販促プランはどこに落しどころがあるのか。

まず自分の持っている「強み」を考えてみてください。

紙に書き出すといいかもしれません。

今あなたが紙に書き出したことが「自信はあるんだけどなー」の根拠です。
自分で今書いたことを「強みだ。」と思うなら疑う必要はないと思います。
勘違いパワーだとしても勢いの力というのは確かにあるから、自信を持っていていいと思います。

次に、何が欠けているのかを考えてみてください。
自分の商品について。自分自身について。

他にも、もし同分野でライバルがいるならば、相手と自分を比べたとき、自分のほうが弱い部分についても素直に書き出してみてくださいできるだけ具体的に、比較しながら。

自分についての評価は、買い手側が感じるであろう(ホームページなどを見たとき等に受ける)「自分に対しての印象」を、しんどいとは思いますが、客観的に捉えてみてくださいませ。

ここで出てきたことは自分で気づいた自分の弱さ。
自分で自信がないと思うことです。

自分で自信がない部分は、他人も感づきます。
だから自分がここで気づいた弱さは認めてしまいましょうよ。

でも、自信をなくすほどへこむ必要はありません。

「自分の弱さについて考え、その弱さの正体を突き止める」

この作業が最終的に弱さを自信に変える唯一の作業だと思うのです。弱さに気づきながら、そこにフタをして強がっていても、見える人には見えてしまうものです。

弱さを隠す虚栄がなくなるとき、本当の意味で自信を持って「いくぞー!がんばるぞー!」と迷いなく突き進めることができるようになると思うのです。

「うわー説教くせー」と思った方は⇒の人気ブログランキングをクリック!(笑)

「そーかー、ちょっとやってみっかなー」という方も人気ブログランキングをクリックしてくださいませ。(笑)

追記:おかげさまで段々とランキング内を浮上しています。応援してくれている方、読んでくれている方、ありがとうございます。(*^^*)
posted by 情報起業プロデューサー at 02:01| Comment(0) | TrackBack(3) | 情報起業家プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

情報ビジネス界の大物二人がこぞってブログ&人気ブログランキングに参入!

インフォプレナーとして超有名な神王リョウさんやアフィリエイト界のカリスマ・「金持ち兄さん」などなど、情報ビジネス界の大物たちが最近こぞってブログに参入してきて人気ブログランキング内でもちょっとした話題になっています。

金持ち兄さんは最近アフィリエイト系の教材を販売したみたいです。僕も情報販売をする傍らアフィリエイトもしているので、どんなものか一度見てみたいです。そしてなんと第二回SEOコンテストのスポンサーになったとか!!私も少しの間「スポンサーになるのも面白そうだよなー」と考えましたが、結局断念。笑

金持ち兄さんの書く文章は、なんていうか嫌味がなくて、ほんとうに読み手の心にスッと入ってきますよね。柔らかい人柄を感じさせてくれます。アフィリエイトを始めた頃には金持ち兄さんのサイトを見ながら「ふんふん…」とうなづきながら勉強したものです。笑

神王さんは、「Webノウハウ ラーニングコース」(講座)
でめちゃくちゃ有名なインフォプレナーです。僕自身はこのノウハウを読んだことはありませんが、彼のサイトを見るだけでかなりの勉強になりました。いずれにせよ、どちらの二人も文章の請求力というのがものすごい高い人だなと思います。

そんな二人のブログは何位だろう?
人気ブログランキング
posted by 情報起業プロデューサー at 00:56| Comment(1) | TrackBack(1) | 情報起業家プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

情報起業家プロデュースについて

構想を形にするためドメインとサーバーを取得してきました。いろんなところで紹介されていて大人気のロリポップ!
です。今まで僕はお名前.com
でドメインを取得し、サーバーをレンタルしていたのですが、改めて思うのはロリポップすごいですね。笑 価格が圧倒的に安いのもそうですが、あのフザけた感じのページつくりも全て「ナウでヤング」な感覚にウケるためなのでしょう。ユーザーサポートは電話なし、ということですがサイト上の情報がかなり充実しているので不便を感じませんでした。ショッピングカートまで作れちゃうなんてすごいですよね。今までなんでこれにしなかったのか!?と後悔…ちなみにお名前.comのレンタルサーバーは月2600円くらい。ロリポップの実に10倍以上も払っているわけです。あーばかばかし。ロリポップのほうが多少制限もあるみたいですがどうみてもコストパフォーマンス勝ちですよね。

ちなみに現在日本語ドメイン無料キャンペーンを実施しているそうです。これは3ヶ月以上ロリポップとの契約が残っていて、すでに入金済みな人ならば一年間日本語ドメインが無料で利用できるそうです。

でも日本語ドメインってどうなのかな?…実用性に乏しいような気がします。技術刷新というというのは歓迎すべきだけど、それが本当にみんなに使われるようにならなければ「いらないもの」ですからね。現在のところは僕は日本語ドメインビジネスは盛り上がっていかないような気がします。



ということで、情報起業家プロデュース構想をまずは形にしなければということでサイト製作に取り掛かることにしました。完成の際にはみなさまにお伝えできればと思います。ある種の「情報起業家コミュニティ」のようなものを考えています。

トラックバック、コメントどんどんしちゃってくださいな(*^^*)
書かないけど見てるぞ!という方、よかったら↓をクリックして応援お願いします。
人気ブログランキング
posted by 情報起業プロデューサー at 00:01| Comment(2) | TrackBack(4) | 情報起業家プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

味の素が成功した方法

このお話、知っている人は多いかもしれませんが、今日は味の素が行った売り上げアップ作戦についてお話します。

「味の素」といえば、日本人にはもはや定番の化学調味料なわけですが、味の素が今日のシェアを獲得するまでにはこんな葛藤があったそうです。

味の素の売り上げが思うように上がらないと悩んでいた当時の社長は、売り上げを倍増させるためのアイデアを社員に問いました。「なんとか売り上げを倍増させるためにいいアイデアを考えてくれ!」

当然のことですが、売り上げをいきなり二倍にする方法なんてなかなか思いつくわけがありませんよね。

ここでみなさんならどうするでしょうか?

お金を使って宣伝する。

なにか販売促進キャンペーンを行う(無料サンプル進呈とか?)

いろいろ方法があると思います。

ちなみにこのお話はインターネットがビジネスに活用される前の話ですよ。




一体彼らがどうやって「味の素」の売り上げを倍増させたのか……?

答は「あっけない」と感じるかもしれませんが実にシンプル津。

「味の素」の口を広げたんだそうです。
えっ?
そうです、調味料がでる「口」の面積を広げただけなんです。

調味料だから、消費量が増えればまたお客さんは買い足す。だから一度に使う量を多くすればよい。という発想ですね。ちなみにこのアイデアを考えた人は女性だそうです。なんとも大胆な発想ですよね。

この話が与えてくれる示唆を、ではいったいどう情報起業に置き換えれば、よいでしょうか?ビジネスモデルこそ違え、この話が与えてくれるのは「切り口」の問題ですよね。普通なら価格を下げたり、宣伝に奔走したり…というモノを売るための常套手段を考えるわけですが、彼らはそうはしませんでした。自らの商品の特性に目をつけ、「どうすればこの商品がもっと売れるようになるか?」と考えた末、生まれたアイデアなのです。

商品自体を改良したというよりは、商品に「売れる」仕組みを仕込んだということがいえますよね。

ヒントになったぞ!という方はクリックお願いします(^0^)/
人気ブログランキング




posted by 情報起業プロデューサー at 19:53| Comment(1) | TrackBack(1) | 情報起業家プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

似たようなタイトルのブログがっ

うちと似ている、というよりは、うちが似ているのですね。このブログランキングの上位を競うブログでインフォプレナー養成プロジェクトというブログがあるようです。

私の考えている構想とは違うけれども、これも一つのインフォプレナー閥を作っていくのだろうか……

なんにせよ、インフォプレナー(私は情報起業家という表現のが好きですが)たちは、「派閥」を形成しながらビジネスをしていきますよね。

特にトップにいる人たちはお互い協力しながら、上手にコラボレーションをしているようです。お互いのHP上に紹介をしあったり、推薦記事を書いたり。これはお互いが同じくらいのネームバリューをもっているから成り立つわけで、さて私たちのような「インフォプレナー」としての認知度はきわめて低い人間はどうやってこのコラボレーション事業を行っていけばよいのでしょうか?

こちらのブログの作者さんup_grade_5さんは、こういった無名インフォプレナーたちをゼロから育成して、ある種のネットワークを構築されようとしているようです。面白いですよね。僕はどうしていこう……

とにもかくにも、情報を商材とする以上、なんらかの形で情報を販売しているホームページまで足を運んでもらわなければいけないわけです。その方法の一つが「情報起業家同士によるコラボレーション」というわけですね。これは、お互いの知名度アップにも貢献できるし、○○さんの言うことなら〜というように「話題が話題を呼ぶ」という状況を作り上げるのにも適しています。

うらやましいですね、こういうことができるレベルの人たちって。ポツリ…

この「インフォプレナー同士の協力関係をいかに築くか」というところに、「情報起業家を目指す人用の情報」を売る人たちの商売の秘密が隠されているような気がします。

参戦2日目です!現在201位…
応援してくださっている方ありがとうございます。(*^^*)

頑張って書くので応援してやろうという方はクリックを!! →人気ブログランキング
posted by 情報起業プロデューサー at 01:39| Comment(1) | TrackBack(1) | 情報起業家プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月14日

人気ブログランキングに登録

最近ブログ界で話題の「人気ブログランキング」に登録してきました。
今までいくつかのブログを運営していて存在は知っていたのですがなんとなく出遅れた感があって参加を見送っていました。笑

新しいスタートということで始めてみます。

応援してやるぞ!面白そうだから見ててやるよ!といかたは
人気blogランキングをクリックしてくださいませ。(^0^)
posted by 情報起業プロデューサー at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報起業家プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

情報起業プロデュースというビジネス

情報起業という言葉がWEB上でも書籍でもわんさか聞こえてきました。かくいう僕も情報起業で収入を得ている者の1人です。

僕の場合は、もともと起業したい、何かいいビジネスはないか、と考えていたので「情報起業」(もしくはインフォプレナー)というビジネスが一般的になる以前から始めていました。ちょうど藤井氏が「週末起業」という言葉を世の中に送り出した頃だったと思います。(なぜなら藤井氏の著書を読んで触発されて始めたからです。笑)

情報起業をした人たちを見ていると実に様々な種類の情報がビジネスとして成り立っていることに気がつきます。その中でも、「非常識な〜」で有名な神田昌典や、インフォプレナーズジャパンの牧野真さんなどは「特に」稼いでいる人たちではないかと思います。彼らは、「情報起業したいと思っている人たちにそのノウハウを売る」ことでお金をもらっているのです。

僕のような情報起業家は、少し事情が違います。簡単に言うと顧客が「情報起業したい人」ではなく、あるジャンルの情報をほしい人、だということです。
たとえているなら前者のビジネスモデルは B to B (Bussiness to Bussiness)的であり、私のやっている情報販売は B to C (Bussiness to Customer)です。


僕は情報起業家予備軍に情報売ってきてはわけではありません。

その分野での実績はほぼゼロです。

情報起業家を目指している人たちが情報起業する場合、その大半は自分の得意なジャンルでの情報起業です。僕の場合もそうでした。自分の得意だと思うジャンル(男女がかかわる情報だ、とだけ明かしておきます)で情報を販売してきました。

神田さんなどの「情報起業家予備軍を対象にした情報販売」で成功している人たちのノウハウが、私のような「ある特定のジャンルの情報をほしがっている人たちを対象にした情報販売」で成功するでしょうか?彼らのノウハウというのは、まさに情報販売のための情報です。彼らに私のような情報を販売している者の方法は知らないはず。彼らのノウハウというのはいうなれば「情報販売」という非常に最大公約数的で抽象的なものであって、そのノウハウというのは現場レベルで通用するものだとは思えません。

情報起業家を対象にした情報を売る人たちは、実際それを買ってくれた人がどういう分野での情報起業をするかも知らなければ、そのジャンルでの具体的な売り方の方法まではしらないのです。


私はそういうノウハウが世の中に出回り半ば「バイブル」と崇められる以前からひっそりと情報販売をしていました。タイトルにもかいてありますが、あるジャンルで400万円、ひとつ19,800円の商材を約200人に販売してきました。

少ないですか?
確かにそうかもしれませんね。

ですが僕のこの400万円の中には膨大な試行錯誤や知識の蓄積があります。

反論させてもらえば、有名なインフォプレナーから「情報販売マニュアル」のようなものを買って始めた情報起業家の多くはこの額にさえ届かないのではないでしょうか?

そうです。情報販売は巷で騒がれているほど簡単ではないし、誰にでもできるわけではないのが現実なのです。「○日で億万長者!」だとか、「誰にでもできる情報販売のノウハウ!」なんていうのは大概が事実上、「ウソ」なんですよ。だってそんなに簡単に成功するわけないもの。400万円実際に稼いだ僕ですらそう思うんです。


だらだら話してきましたが、僕の最近思ったことです。

「自分だって400万円売っている。これは情報起業家として、決して大きくはないがクライアントもきちんとつくことが証明できているし、売るためのノウハウだって知っている。現場レベルでのノウハウならば僕のほうにむしろ分があるのではないか?」

そう思い、これから情報起業プロデュースという分野へ参入することにしました。
僕の強みは実際に自分で情報販売をしてきたこと。その中で顧客200人、売り上げ400万円をあげてきたこと。その中でえた「現場のノウハウ」があるのこと。

現在は構想のみですが、近いうちにプロジェクトとして発動させる予定です。

このブログではこの「情報起業プロデュース」プロジェクトについての僕の考え方や、僕のやってきた情報販売の手法を少しづつ紹介できたらなと思います。

posted by 情報起業プロデューサー at 23:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 情報起業家プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。